PROJECT #2

トンネルのような入り口

マンションのエントランス [リノベーション]

独立して間もない頃に手がけたリノベーション。

渋谷にある築年数の古いマンションを、エントランスのみをデザイン。

既存の状態よりもあえて天井高さを抑えてあります。

オートロック扉を境に、通路幅、仕上げ材料、明るさを対照的に変化させることで、外と中の境を感じるようにしています。

渋谷の賑やかなエリアを抜け、住宅と店舗とホテルが入り混じった場所だったので、外と中をしっかり分けることで、エントランスを抜けたあとの安心できる居場所を演出したつもりです。

中から外をみた写真。

床と片側面の壁は端から端までタイル貼りとしています。

仕上げがつづくことで、細長さをより強調しています。

長い距離を歩いて中の領域へ入り込んでいくことを意識しています。

外部エントランス。

クールでシャープな印象のアルミの縦格子から、やわらかく優しい印象の木の格子へかわり、そしてオートロックを抜けると部屋内のような雰囲気へとかわっていきます。

模型の写真。

光の検討につかったスタディ模型。